TOP>理事長メッセージ

本文

理事長メッセージ

 稲置学園の理事長として就任2年目を迎えました。
役員、教職員が目的意識や情報を共有してそれぞれの立場で能力を存分に発揮すると共に、ガバナンスがしっかり働く組織を目指していきます。

さて、今年度の課題として、大きく三つ挙げます。
一つ目は、金沢星稜大学と設置校の両幼稚園、中学、高校との連携強化です。大学の創立50周年を機に、連携にかかる新たなアクションプログラムを策定し、総合学園としての相乗効果を発揮しながら、グローバル社会に対応できる質の高い教育に取り組みます。

二つ目は、教育環境の整備と地域に開かれた共存共栄できる施設環境づくりの推進です。キャンパスの狭隘化を解消するための用地取得や、星稜スポーツのさらなる発展と地域のスポーツ振興に貢献していくオールシーズン対応のスポーツ施設の整備について、検討を進めます。学生、生徒、園児への教育充実を最優先に方向を決めてまいります。

三つ目は、星稜100年ビジョンの次の5年間の具体的な事業計画と、財政指標を策定します。学園の構成員全員が、安心して活き活きと教育に打ち込めるよう将来計画をしっかり定めます。これを確実に実行するためには、一人ひとりが業務に対し責任を持ち、組織のガバナンス機能を強化していく必要があります。

最後に、建学の精神「誠実にして社会に役立つに人間の育成」の下、皆様と共に必要な事業を確実に実行し、いつまでも輝き続ける星稜の教育の実践に邁進してまいります。


学校法人稲置学園 理事長 稲置 慎也